ホテルのタオル、ふんわりしているのはなぜ?

今日の試してガッテンは、久々の生活情報だ。

 

ホテルに行くと、ふんわりした高級タオルが提供される。

 

あの気持ちよさって、一体どうやって作っているんだろう。

 

いくらホテルだからといって、一回で使い捨てにはしないはず。

 

ホテルのタオルは、巨大な乾燥機で25分掛けて、泳がせて乾燥させる。

 

そうする事によって、タオルにある細かな輪っか(ループ)が立ち上がり、それがタオルのふわふわさになっているんだという。

 

一方、ふわふわさが無くなったタオルを見てみると、細かな輪っかがねじれたり切れたりしている。

 

タオルの糸が抜けたり切れたりすると、ふんわりは無くなってしまうが、この輪っかが十分にあれば、それを起こせばよいのだという。

 

ただしこれは、クリーニング会社の巨大な乾燥機が合ってこそ。

 

しかも一度に多くの量を乾燥させるからこそ、ふわふわになるんだとか。

 

何とか家のタオルも、ふわふわにする方法がないものか?

今売れてます!

30年使ったタオルもふわふわに?

ところがタオルをふわふわさせる名人にかかると、普通のタオルでも優しいふわふわタオルが出来るんだと。

 

達人は、団地で持ち寄られたタオルをルーペ(虫眼鏡)で見て、ふわふわに出来るタオルと出来ないタオルを仕分けた。

 

ルーペで見たのは、タオル生地の『ループ』がちゃんとあるかどうかだった。

 

そしてOKを出したタオルは、ビックリするくらいふわふわになってしまった。

 

なんと生まれたときから使っているという、30年以上使っているタオルすら、ふわふわになってしまった。

 

実を言うと、タオルをふわふわにするコツは、そんなに難しい事ではなかった。

 

洗ったタオルをパタパタ20回ほど振れば、ループが立ち上がるので、ふわふわになるという。

 

実際に同じタオルをたくさん用意して、何にもしないもの、5回パタパタしたもの、10回パタパタしたもの、、、と調べていくと、20回パタパタするまでフックラ度は上がっていった。

 

ふわふわタオルを作るコツ

タオルを20回以上パタパタしても、それ以上はふわふわにならなかったので、タオルを十分ふわふわにするには、20回で十分だという事が分かった。

 

しかし20回もパタパタするのは大変だ。

 

1枚や2枚なら出来ても、5枚10枚ともなると一仕事。

 

そこで登場したのが、『洗濯王子』で、より簡単な5回で住む方法が紹介された。

 

その方法とは、半分に折って、ヨコに5回ぱたぱたする。

 

これはタオル表面のループをリセットするためにやるのだそう。

 

そして干したあとに、ループを逆目にやさしく撫でる。

 

逆目というのは、抵抗のある方向という事なんだけれど、さわっているとざらざらする方向だから、すぐ分かるらしい。

 

そのまま干せば、20回ぱたぱたやらなくてもいいという。

 

小さめのタオルの場合は、5回ほどぱたぱたやったあとに掌に載せて逆目に撫でて干す。

 

タオルの臭いを防ぐには?

番組の最後は、タオルが臭くならないようにするコツだった。

 

タオルが臭くなるのは、湿度が高いところに放置しているから。

 

湿ったモノを洗濯機や洗濯かごに直接入れると、雑菌が増えやすい。

 

だからとにかく湿度の低いところに干す。

 

タオルの保管も、浴室の近くのような湿気の多い場所はダメで、なるべく日光の当たるところに置くといいという。

 

漂白剤は、酸素系漂白剤などがよく、逆性石けんという石けんを使うとなお良いらしい。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



今売れてます!