トマトケチャップは、冷蔵庫の残り物?

トマトケチャップ、冷蔵庫の中でいつも残ってしまう。

 

オムレツとかオムライスとか、ナポリタンくらいしか使えない。

 

なにせケチャップを入れると、みんなケチャップ味になってしまうし、使い方が難しいんだよね。

 

しかもケチャップの賞味期限は、開封後1ヶ月なんだというから大変だ。

 

今回のためして合点は、トマトケチャップだ。

 

さてケチャップとは、野菜を煮詰めた調味料のことだ。

 

世界にはトマトに限らず、リンゴやバナナ、マッシュルームなど変わったケチャップが色々あって、広く使われている。

 

トマトケチャップも、高価なモノはソースのような旨みがあるという。

 

ケチャップとは、いったい何なのか?そしてトマトケチャップを毎日料理に使う方法はないものか?

今売れてます!

ケチャップが使いにくいわけ

ケチャップが特定の料理以外に使いにくい理由の一つは、何に使ってもケチャップ味になってしまうと言うことのようだ。

 

だからケチャップ味を期待される料理にしかケチャップは使えず、その結果、ケチャップが冷蔵庫に残ってしまうわけだ。

 

というのもケチャップは、ネバネバしている。

 

なぜかというと、ケチャップというのは、普通サイズのモノでも、加工用トマト14個分を煮詰めて作っているモノだから、ものすごく粘りけがある。

 

つまりケチャップというのは、ものすごい濃い調味料なのだ。

 

そして酸味が強いのも、ケチャップの特徴だ。

 

これがつまりケチャップが、特定の料理にしか使えない原因だったのだ。

 

ところが、ケチャップには酸味の他に旨みがある。

 

その旨みは、鰹だしや昆布だしのようなうまみなのだ。

 

ケチャップと水だけで、出汁になる?

ケチャップというのは、薄めれば薄めるほど、酸味より旨みが目立つようになる。

 

100ミリリットルの薄めの味噌汁に、たった2グラムだけケチャップを混ぜる。

 

2グラムというと、茶さじに半分くらい混ぜると、なんと出汁になってしまう。

 

鰹だしなどの出汁を使わずに、ケチャップを50倍くらいに薄めて使うと、なぜか出汁の味がする。

 

つまりケチャップというのは、味を濃縮した「めんつゆ」のようなモノなんだという。

 

ケチャップを料理に使う場合、薄めるというアイデアはなかなか無いが、実はケチャップは薄めて使うと旨みが出るんだという。

 

ケチャップを15杯くらいに薄めた「トマト・ウオーター」を使うと、コンソメなどを使わずとも、料理が旨くなる。

 

蒸し料理やピラフなどに広く使えるという。

 

ケチャップを薄めて出汁として使うこつを覚えれば、料理の幅もぐっと広まりそうだね。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



今売れてます!