試してガッテンで、湯豆腐を美味しくするコツを学べ!

今回のためしてガッテンは、湯豆腐の作り方だった。

 

湯豆腐というと、京都・南禅寺の湯豆腐が有名だ。

 

が、京都に20年ほど住んでいたにもかかわらず、私は食べたことがない。

 

祇園の円山公園のところにも湯豆腐やさんがあるが、そこも言ったことがない。

 

何せ貧乏人には、何千円も払って湯豆腐を食べるだなんて、そういう発想がないからね。

 

今売れてます!

湯豆腐のうまい・不味いは、確かに調理方法にあるんだろう。

 

だって豆腐を煮すぎると、鬆が入ってちょっと酸っぱくなるしね。

 

でも豆腐を適度に温めれば、それで終わりで、あとは豆腐自体の味によるとかそう言う話だと思っていた。

 

でも、全然違うらしい。

 

湯豆腐というのは、表面をかたく、中を柔らかいと言う状態に調理するのが、方法らしい

 

土鍋にお湯を沸騰させて、火を落とす。

 

そこに豆腐を小さめに切って、そのまま入れる。

 

そのまま5分ほど蓋をして放っておくと、できあがり。

 

表面が70度弱、中が46度くらいになって、表面がかたく中身がふんわりという湯豆腐になるらしい。

 

それから京都の湯豆腐とは別に、温泉地(佐賀の嬉野)のトロトロ湯豆腐というのも紹介していた。

 

これは重曹(タンサン)を入れて作る湯豆腐だ。

 

タンサンを入れると、豆腐が溶けてトロトロになる。

 

これもうまそう。

 

司会者の2人まで、大盛りあがりで食べていた。

 

うーん、やってみたいが、土鍋がないな。

 

ラーメン鍋だとちょっと難しそうだし(^o^)とにかく豆腐、買ってこよう。

 

まずはそれからだね。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



今売れてます!