試してガッテン 高所恐怖症

ためしてガッテンで、高所恐怖症を治すコツというのをやっていた。

 

 

実は私も高所恐怖症だ。

 

 

高いところに上れない。

 

高いところだと、ビルの中でも相当ビビる。

 

 

風が吹いているところなどはもう、怖くて歩けない。

 

 

高い低いじゃなくて、どこでもダメ。

 

 

 

番組では、脚立の一段目にも乗れない人などが登場した。

 

 

近くの高い吊り橋に何度も挑戦しているが、どうしてもわたれないという人も登場した。

 

 

そういえば、大学時代の友人のH君も、吊り橋渡りに挑戦していたっけ。

 

 

奈良県の十津川村(とつかわむら)にある吊り橋がわたれなくて、翌年、再チャレンジしていた。

 

 

ひなびた吊り橋で、渡るところも両端ががらんどう。

 

中央の三分の一ほどに板きれが張ってあるだけの、かなり怖い吊り橋だった。

 

H君は、1年間の努力の甲斐あって、往復してきていたが、私はもちろん、やらなかった。

 

 

 

で、高所恐怖症対策である。

 

 

どうやればそれがなくなるかというと、コツは「10分我慢する」だった。

 

 

10分我慢する?
たったそれだけ?

 

10分間高所にいることを体験したら、怖さが減るんだとか言う。

 

 

怖さというのは5分後くらいにピークに達して、それから10分もしたらなくなっていくらしい。

 

 

 

それだけだとまだ怖いので、2分ごとに自分の怖さの度合いをグラフに書けという。

 

 

自分の怖さの度合いの変化を描いてみて、それを確認することで怖くなくなると言う。

 

 

うーん、脳の情報の書き換えというヤツだね。

 

 

 

自分を変えるには、こうして書き換えというのをやらないといけないらしい。

 

 

マインド・トレーニングでもそう言うことをやっているが、こういう細かいことが大事らしい。

 

 

 

ちょっとやってみよう。

 

 

今売れてます!
広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



今売れてます!