赤いシミ、紫外線以外でもできる謎のシミ

今日の試してガッテンは、シミ・そばかすだった。

 

シミやそばかすというのは、紫外線で起こると言われる。

 

シミやそばかすの正体は、日焼けと同じメラニン色素。

 

紫外線で刺激を受けた皮膚が、メラニン色素で皮膚を守ろうとする、それがつまり、シミやそばかすの原因だ。

 

ところが、紫外線を浴びていないのに、シミができることがある。

 

これは赤い色をしているので、「赤シミ」と呼ばれる。

 

マイクロスコープなどで皮膚を見ると、茶色いシミも赤いシミだったりする。

 

紫外線が原因でないこのシミ、一体何が原因なんだろう?

今売れてます!

赤いシミの原因は、手と骨の摩擦?

試してガッテンでは、肌の嫌いな男性に、毎日化粧してもらった。

 

そうするとたった2週間で、見事に赤いシミができあがった。

 

キレイだった肌が、見るも無惨にシミだらけ。

 

男性にシミやそばかすが少ないのは、化粧しないが原因だったらしい。

 

つまりシミやそばかすは、毎日の洗顔が原因だったのだ。

 

シミやそばかすは、紫外線の刺激に対応してメラニン色素が皮膚に発生してできる。

 

それと同じコトが、皮膚をこすりすぎることでも起こるのだという。

 

要するに、スキンケアだとかマッサージだとか、お肌のためだと思って、ゴシゴシ顔の皮膚を擦る。

 

そうすると、皮膚に活性酸素ができてしまって、それを取り除くためにメラニン色素ができてしまうのだ。

 

メラニン色素には活性酸素除去の働きもあるのだが、活性酸素が無くなってもそのまま居続ける。

 

その結果、赤いシミができてしまうのだ。

 

シミ治療には、擦らないこと。そして冬が効果がでやすい

洗顔も化粧落としも、とにかく手と肌が直接触れないことが大事だ。

 

化粧落としやクレンジングでは、石けんなどは泡立てて、その泡を顔につける。

 

泡を作るには、石けんをネットに入れて使う方法や、洗面器に少量水を入れて、洗面器に石けんを擦るようにして泡立てるという方法がある。

 

泡をホイップクリームくらいまでしっかり立てて、贅沢にたくさん作る。

 

それを化粧の上からポンポンとたたくようにして化粧を落とす。

 

泡をのせてたたいたり、クルクルと回してみたり、そうやって化粧を落とす。

 

石けんを流すときにも、タオルで水気を取るときも、とにかく絶対に皮膚はさわらない。

 

そうすれば、1ヶ月後にはシミが減ってくるという。

 

シミを減らすには、紫外線の少ない冬がチャンス。

 

夏にやるよりも効果が出やすいので、始めるなら冬ということだった。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



今売れてます!