物忘れは一体なぜ起こる?

物忘れがひどい、モノが覚えられない今日の試してガッテンは、年とともに起こる、物忘れを防止するコツだった。

 

年を取ると思い出せない理由って、一体何?最近の研究によると、脳の前頭葉の一部が活性化していると物忘れは少なく、そうでないひとは物忘れがひどいという。

 

ところが実は、これは錯覚らしい。

 

番組では、文章を見せて、赤い文字の熟語だけ覚えてもらう実験を行ってみた。

 

そしたら不思議なことが起こった。

 

覚えるべき赤い部分は忘れていて、その前後の単語をなぜか覚えているのだ。

 

肝心な部分は覚えていなくて、周辺だけ覚えているのだ。

 

これは一体なぜ。

 

何が起こっているんだろう?

今売れてます!

記憶のコツは、イメージすること

実際、この実験の後、正解を見ると、「ああ、それそれ!」という答えが返って来た。

 

どうやら覚えられないのではなくて、思い出せないのだった。

 

我々の脳は、五官から入ってきた情報を一旦ストックする。

 

その中から特定の情報を、抜き出すには、覚えておくべき情報にマークを付けて取り出しやすいところに置いておかないといけない。

 

ところがこれが、年を取るに連れて衰えていくんだそうだ。

 

この仕事をするのが、脳のACCという部分。

 

ACCが不活性だと、覚えているのに思い出せないと言うことが起こるんだね。

 

これを活性化するコツがある。

 

覚えるべき事を、実際にやっているようにイメージすることだ。

 

ACCを活性化させるには?

煮物をしていて電話が鳴った。

 

電話が終わったら煮物を火にかけているのをすっかり忘れ、のんびりテレビを見ていた。

 

必要があって買い物に行った。

 

ところがお店に行ってみると、何を買うのか忘れてしまった。

 

こういうタイプの物忘れも、実はACCが不活性な場合に起こりやすい。

 

モノを覚えるというコツは、何度も繰り返すことだけれど、ACCを活性化するには、イメージする癖をつけるのが有効だという。

 

キュウリを買うには、キュウリを買う自分をイメージする。

 

メモを見るには、メモを見る自分をイメージする。

 

英語の勉強法ではよく言われる方法だけれど、物忘れ防止にも良いんだね。

 

今回は一般に良く言われていたことだけど、勉強になったね。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



今売れてます!