野菜を冷凍して、美味しく食べる?

今日の試してガッテンは、「冷凍新ワザランキング7」と題して、フリージングで素材を美味しくするワザを紹介だ。

 

目からウロコの下ごしらえ。

 

まずは「小松菜」。

 

小松菜は、おひたしを作る。

 

通常は、お湯にくぐらせるおひたしだが、洗ってざく切りにして、そのままフリージング・バッグに入れて、冷凍。

 

食べるときは、そのまま解凍して食べる。

 

そうするとお湯をくぐらせていないので、ビタミンなどが逃げず、味も濃くて旨くなると言う。

 

うーん、細菌などの滅菌はどうするんだ、これ? 一応ざっと熱湯にくぐらせた方が良いような気がするね。

 

それから次は、キュウリと大根。

 

キュウリや大根は、スライスしてから袋に。

 

出汁醤油などを一緒に入れて、冷凍。

 

そうすると凍っても細胞壁をあまり壊さずに、味が染みるという。

 

キュウリの場合は甘酢。

 

砂糖と酢。

 

大根の場合は、醤油・砂糖・出汁。

 

どちらも調味液と一緒に入れてフリージングすることによって、味がしみこんだ上に、適度に柔らかくなる。

 

キュウリは解凍してそのまま食べれるし、大根は短時間煮るだけで美味しく食べられるということ。

 

今売れてます!

タマネギやトマトも凍らせて調理!

変わったところでは、シジミ。

 

元々1パーセントの塩水に4時間ほどつけておくと旨みが増すシジミだが、さらにゆっくり冷凍すると、アミノ酸の一種であるオルチニンが何倍にも増える。

 

残念ながら、アサリや蛤には向かないが、味はかなり良くなるらしい。

 

それから肉は、ショウガ醤油などの調味液を混ぜて冷凍すれば、野菜と同じく味が染みた上に、適度に細胞壁が壊れて柔らかくなる。

 

ぶたのショウガ焼きに最適。

 

それから、冷凍には向かない?と思っていたタマネギやトマト。

 

タマネギなんかは、近くの業務スーパーでみじん切りの冷凍品があるが、スライスして冷凍すると適度に細胞壁が壊れて、調理しやすくなる。

 

何十分もかけて飴色になるまで炒めるような場合、かなりの時間短縮になる。

 

トマトは丸ごと凍らせて、おろし金で、おろして使うと使いやすい。

 

面倒な皮むきや種取りなどせずに、丸ごとゴシゴシおろす。

 

栄養素が丸々料理に反映されて、美味しいトマトソースを作ることができる。

 

う~ん、ようするに冷凍庫で冷凍することによって、料理の下ごしらえができてしまうわけだ。

 

結論。

 

あまった野菜はショウガ醤油か甘酢に漬けて、冷凍庫に放り込んでおけばよし。

 

続・冷凍野菜でクッキング

大好評だったフリージング調理法、続編も放送された

 

今回冷凍するのは、白菜、レタス、三つ葉、ニラ、キャベツ、チンゲンサイ、しそまず冷凍おひたしができるのは、白菜、キャベツ、ニラ、チンゲンサイの四品。

 

これらは一口大に切ったあと冷凍しておいて、それを自然解凍すればおひたしとして食べられる。

 

お湯で湯がく場合とは違って栄養分が抜けないので、味の濃い状態で食べられるという。

 

(滅菌はどうするんだろう?)それからのこりのみつば、しそ、レタスは、冷凍して自然解凍したら、色が悪くなったりするが、これも調理法を工夫すればおいしく食べられる。

 

まず、三つ葉は凍ったままうどんやお吸い物などに入れる。

 

色が悪くなるのは、自然解凍される間に、分解酵素が働いて葉緑素が分解されるから。

 

酵素というのはタンパク質でできているので、60度以上のお湯に入れると変成して壊れ、分解が止まるというわけだ。

 

それからレタス。

 

冷凍することでレタスの細胞壁が壊れ、自然解凍するとグチャグチャになる。

 

なのでこれも生では食べず、凍った状態で料理に使うと良いと言うことだ。

 

冷凍しているので、グチャグチャでも味はかなり濃いらしい。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



今売れてます!